作業日誌

市販FRPカウルへの裏面クロス追加加工。

他社様から販売をされております製品の中には、マットのみで作られている物も

多々ございます。

 

このご依頼品も裏面にはクロス材が使われておらず、マットのみで制作されて

おりました。

 

 

マットのみの製品でも使用する上で問題等はございませんが、クロスが張られて

いる方が見栄えも良く補強にもなり、転倒時などにはカウルがバラバラになりに

くい為、その後の修復等も比較的直しやすいかと思われます。

 

その為、既に販売をされております他社様製の製品でも、事前に裏面へのクロス

張りや薄い部分などが有る場合にはもう一層マットを張って補強を施し、その上

にクロスを張り込む加工なども承っております。

 

 

上記カウルは、ミラー取付部分が若干薄いかと思われましたので、その部分に

マット一層を追加、その後裏面全体にクロスを張り込み補強を致しました。

 

このような加工は、新品の塗装される前の状態での加工が理想かと思われますが、

既に塗装を施されたカウル等もご相談に応じさせて頂きますので、ご希望とされ

ます場合には改めましてご連絡を頂けましたら幸いです。

 

 

スズキGSX400インパルス 純正テールカウルのGS1000テール風加工。

スズキGSX400インパルスのオーナー様より、純正テールカウルをGS1000風に

加工する作業を承りました。

 

 

純正カウル(ABS製)の加工となりますので、以前から何度かご依頼がありました

Z400GPテール加工と同じ手法で加工を行わせて頂きましたが、今回の加工では、

インパルスのサイドラインと合わせながらテールエンドをGS1000風に仕上げなけ

ればならなかった為、難易度は比較的高かったかと思います。

 

 

テールレンズはインパルス純正を使用しますので、その大きさに合わせてエンド

部分が四角くなるよう徐々に角度を付けていきましたが、ただ後ろに向けて絞る

だけでは四角くはなりませんので、テールの2分の1ぐらいを一旦切り離して、

そこから後ろ部分をABS板から新規に作り直し、全体の角度やサイドラインなどを

調整しながら双方を繋げる加工となりました。

 

 

その後仕上げとして表面はパテ等にて整形をして、裏面はFRPにて補強を行い

最後に加工箇所の確認用に薄く黒のラッカースプレーを吹かせて頂きました。

 

本当はGS1000のようにサイド部分も四角く作りたかったのですが、色々な

制約が有りましたので、今回はテールエンドで辻褄を合わせる事で完成とさせて

頂きました。

 

 

 

CB400SBフルカウル用アンダーカウルのバリエーション。

以前に制作させて頂きましたアンダーカウルですが、量産品とは異なる形状で

3セット程お作りさせて頂きましたタイプです。

 

 

ベース車は前期型用となりますが、オーナー様のご希望により全体的にも全く

異なる形状で、各部にスリット加工なども施しております。

 

この他にも、ブログ上ではアップされていないタイプが数種類存在しております

ので、これらカウルの装着車両が一堂に集まれれば・・・それは面白い画像が

撮れるかもしれませんね。

 

 

お電話でのお問い合わせに関しまして。

せっかくお電話でのお問い合わせを頂きましたにも拘わらず、エンジンOHや

FRP関連作業中などには手を放す事が出来ない為、ご対応出来ない事が多々

ございます。

 

不在の場合はすぐに留守電に切り替わってしまいますが、数コール以上鳴るよう

でしたら何らかの作業中とお考え頂き、時間を空けて改めてご連絡を頂けま

したら幸いです。

 

大変お手数とは存じますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

 

 

FRPカウルの補修や加工。

当店では、転倒などによるFRPカウルの補修や加工なども承っております。

 

 

 

このシートカウルは、一度市販品のFRP補修キットなどで応急修理がなされ

ておりましたが、再度転倒の際に同じ部分が割れてしまいましたので、前回の

補修部分を全て削り取り、改めまして再補修を行いました。

 

 

 

カウルの破損状態により補修費は上下致しますが、基本的には¥2000~から

お受けさせて頂きます。

 

又事前に割れそうな部分の補強などや、マットのみで制作されたカウルなどは、

転倒の際にバラバラになってしまい欠損箇所なども出てしまう事も有りますの

で、その場合には欠損箇所の新規作成や裏面の一部又は全面にクロスを貼って

補強を施す加工なども承っております。

 

FRPカウルの事で何かお困りの事がございましたら、一度当店にご相談を

頂けましたら幸いです。