CB400SB用フルカウル

CB400SBフルカウル用アンダーカウル 後期型への装着例。

CB400SBフルカウル用アンダーカウルは、基本的には前期型用として制作を

されておりましたが、後期型にも装着出来るようカウルとの接合面部分を新規

に作り装着した事例もございました。

 

 

当初もう少し簡単に取り付けられるかと考えていたのですが、後期型とはサイド

部分の形状が前期とはかなり異なり、最終的にはアンダーカウルの上部をカット

して、後期用として新規に制作した部分とを連結する事で形になりました。

 

今後機会がございましたら、前期と後期を分けた2種類の新規アンダーカウルなど

も制作してみたいと思っておりますが、当店では現車を有しておりませんので、

前回と同様に車両お持ち込みによるワンオフ制作のご依頼からお客様とのご相談

により量産~販売の流れになれれば幸いと考えております。

 

追加となりますが、最近後期型用アンダーカウルの販売に関するお問い合わせを

度々頂くのですが、後期型用として当店で加工により装着されました車両は、上記

車両1台のみとなり、過去に販売用としての量産なども行ってはおりません。

 

上記以外に後期型へ装着されている車両に関しましては、お求め頂きましたお客様

自らが何らかの加工又は単にアッパーとの干渉箇所をカットされて装着された物と

考えられますので、アッパーと接せる面なども含め各部形状や取り付け方法なども

異なる物となっているかと思われます。

 

 

CB400SBフルカウル用アンダーカウルのバリエーション。

以前に制作させて頂きましたアンダーカウルですが、量産品とは異なる形状で

3セット程お作りさせて頂きましたタイプです。

 

 

ベース車は前期型用となりますが、オーナー様のご希望により全体的にも全く

異なる形状で、各部にスリット加工なども施しております。

 

この他にも、ブログ上ではアップされていないタイプが数種類存在しております

ので、これらカウルの装着車両が一堂に集まれれば・・・それは面白い画像が

撮れるかもしれませんね。

 

 

CB400SBフルカウル用アンダーカウルキット販売終了のお知らせ。

大変ご好評を頂いておりましたCB400SBフルカウル用アンダーカウルキットの

販売を、誠に勝手ながら今月末を持ちまして終了とさせて頂きます。

 

機会があれば今後もカウルの新規作成なども考えてみたいと思ってはおりますが、

当店には制作に必要な現車もありませんので、今まで販売をしておりましたカウル

同様にお客様からのご依頼があり、その中で量産販売にご協力を頂ける方がおられ

ました時には、時期などは不明ですが、前期型用だけでなく後期型用カウルなども

お作り出来ましたらと考えてはおります。

 

 

カウル類のメッシュ加工。

カウルのワンポインとしまして、エンジン熱などを逃がす為のメッシュ加工も

承っております。

 

 

画像は参考例となりますが、当店カウルのご注文時や既にお使いの他社様製

FRP製品、純正ABSカウルにもご対応させて頂きます。

 

 

形状や大きさなどは、ご要望をお聞きした上で加工をさせて頂きますが、加工

希望箇所によっては加工が出来ない場合もございますので、改めてご相談を

頂けましたら幸いです。

 

加工費用は形状や大きさにより変わってしまいますが、一か所¥1000~2000の

範囲内で可能ではないかと思います。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

CB400SBフルカウル用アンダーカウルの取り付け方。

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

 

さて、ご好評頂いておりますCB400SBフルカウル用アンダーカウルの価格や

取り付け方法等に関しまして多くの方からのお問い合わせを頂いておりますので、

改めましてご説明させて頂きます。

 

カウルの価格ですが、定価¥44800(税込)にて受注生産品となりますが、販売を

致しております。

 

 

アンダーカウルは左右に2分割するタイプとなり、ノーマルカウルに穴あけ等の

加工をせずとも簡単に装着が出来るよう工夫を致しました。

 

 

本来でしたら、ノーマルカウル前方部分にも穴を開けてボルトなどで固定する

方法が確実なのですが、「純正カウルに穴を開けたくない」と言われる方々の

ご希望が多くございましたので、全体の補強も兼ねてカウル自体の厚みを増す

などにてバタつきなどに対応する事としました。

 

 

その為一般に販売されているカウルよりも厚みがございますので、少ない固定位置

でもカウルがペラペラする事も無く装着出来るよう工夫致しました。

 

ボルトでの固定箇所は、ノーマルカウルサイドにあります固定用の穴と同梱されて

いるFRP製の専用ステーで下側を止め、2分割のアンダーカウルを下の連結部分で

固定、前方はカウル裏側に取り付けてありますクリップを純正アッパーカウルに

引っ掛けて取り付ける方法としました。

 

 

フレーム下側にFRP製のステーを装着する際の目安としまして、フレーム溶接

部分よりも後ろ側に取り付けて頂きます。

 

 

カウル前方の上部の固定には、アンダーカウル裏面にクリップが取り付けて

ありますので、そのクリップをノーマルカウル側に挟み込んでお取付頂きます。

 

 

マフラーの干渉などに関しますお問い合わせも多くございますが、このカウルの

制作に使用させて頂きました車両はノーマルマフラーでございましたので、確実な

お答えとはなりませんが、基本的には社外品のマフラーを装着されている場合でも

大半のマフラーへの装着は可能かと思われます。

 

当アンダーカウルの下部も他の純正フルカウル.車同様に、底の部分にゴミなどが

溜まらないようカットがされておりますので、仮にマフラーの下部がノーマルより

出てしまっていても逃げはあるかと思われますが、それでも当たってしまう場合は

カット加工を無料にてお受け致しますのでお申し付け下さい。

 

又、すでにエンジンプロテクター(筒状の物)などを装着されている車両の場合

ご注文時にお申し付け頂けましたら、当たる部分をカット加工させて頂きます。

 

 

 

基本的にはゲルコート仕様での販売となりますが、カラーリング済みのカウルを

ご希望とされますお客様にも対応させて頂きます。

 

その際純正色とまったく同色にするなどの調色などは出来ませんが、上記カウルの

様なシンプルな塗装で宜しければ、別途塗装代は掛かりますが当店でも格安にて

お受けさせて頂きますので、ご注文時にご相談を頂けましたら幸いです。

 

※当製品のお取付可能年式でございますが、~2013年までの前期型カウル

装着用となりますので、2014年~のマイナーチェンジをされました後期型に

装着への装着をお考えのお客様は、一度お問い合わせを頂けましたら幸いです。