2月2020

スズキGSX400インパルス 純正テールカウルのGS1000テール風加工。

スズキGSX400インパルスのオーナー様より、純正テールカウルをGS1000風に

加工する作業を承りました。

 

 

純正カウル(ABS製)の加工となりますので、以前から何度かご依頼がありました

Z400GPテール加工と同じ手法で加工を行わせて頂きましたが、今回の加工では、

インパルスのサイドラインと合わせながらテールエンドをGS1000風に仕上げなけ

ればならなかった為、難易度は比較的高かったかと思います。

 

 

テールレンズはインパルス純正を使用しますので、その大きさに合わせてエンド

部分が四角くなるよう徐々に角度を付けていきましたが、ただ後ろに向けて絞る

だけでは四角くはなりませんので、テールの2分の1ぐらいを一旦切り離して、

そこから後ろ部分をABS板から新規に作り直し、全体の角度やサイドラインなどを

調整しながら双方を繋げる加工となりました。

 

 

その後仕上げとして表面はパテ等にて整形をして、裏面はFRPにて補強を行い

最後に加工箇所の確認用に薄く黒のラッカースプレーを吹かせて頂きました。

 

本当はGS1000のようにサイド部分も四角く作りたかったのですが、色々な

制約が有りましたので、今回はテールエンドで辻褄を合わせる事で完成とさせて

頂きました。

 

 

 

CB400SBフルカウル用アンダーカウルのバリエーション。

以前に制作させて頂きましたアンダーカウルですが、量産品とは異なる形状で

3セット程お作りさせて頂きましたタイプです。

 

 

ベース車は前期型用となりますが、オーナー様のご希望により全体的にも全く

異なる形状で、各部にスリット加工なども施しております。

 

画像では、向きが縦になってしまい大変見づらいかと思われますが、この他にも

ワンオフ制作の為ブログ上ではアップされていないタイプが数種類存在します。

 

今後も機会があれば、別タイプのアンダーカウルなども制作してみたと考えております。