ご来店を頂けますお客様へ。

TELやメールにてお問い合わせを頂きましたお客様へは、事前にご来店の日時等を

お伺いしておりますので問題はないのですが、当店作業の性質上、エンジンOHや

FRP関係の制作作業を奥で行っている場合などは、基本的に店前のシャッターは

閉めた状態で行っております。

 

これは当店の立地にも関係しているのですが、店前を風がよく通る為、作業中などに

シャッターを開けておきますと、店内にはホコリや枯葉などが舞い込んでしまう他に

油断をしていると猫や鳥までもが入り込んで来ます。

 

その為、せっかくご来店を頂けましたお客様からは”閉まっていた”と後からご連絡を

頂く事も多々ございます。

又上記作業の他にも、練習走行同行や車両の引き上げ等にて不在となります事も

ございますので、直接のご来店前にご一報を頂けましたら幸いです。

 

大変お手数とは存じますが、何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

お電話でのお問い合わせに関しまして。

せっかくお電話でのお問い合わせを頂きましたにも拘わらず、エンジンOHやFRP

関連作業中などには手を放す事が出来ない為、ご対応出来ない事が多々ございます。

 

不在の場合はすぐに留守電に切り替わってしまいますが、数コール以上鳴るよう

でしたら何らかの作業中とお考え頂き、時間を空けて改めてご連絡を頂けましたら

幸いです。

 

大変お手数とは存じますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

 

 

FRPカウルの補修や加工。

当店では、転倒などによるFRPカウルの補修や加工なども承っております。

 

 

 

このシートカウルは、一度市販品のFRP補修キットなどで応急修理がなされて

おりましたが、再度転倒の際に同じ部分が割れてしまいましたので、前回の補修

部分を全て削り取り、改めまして再補修を行いました。

 

 

 

カウルの破損状態により補修費は上下致しますが、基本的には¥2000~から

お受けさせて頂きます。

 

又事前に割れそうな部分の補強などや、マットのみで制作されたカウルなどは、

転倒の際にバラバラになってしまい欠損箇所なども出てしまう事も有りますので

その場合には、欠損箇所の新規作成や裏面の一部又は全面にクロスを貼って

補強を施す加工なども承っております。

 

FRPカウルの事で何かお困りの事がございましたら、是非一度当店にご相談を

頂けましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カワサキZ400GP 純正テールカウルのFX化。

過去にも何度か制作させて頂きましたが、カワサキZ400GPテールカウルをベースに

他車種のテールに形状変更する加工ですが、今回はFX仕様制作を承りました。

 

 

加工に使用します双方のテールカウルをご用意頂き、基本的には以前に制作しました

他のカウルと同様の方法を用いて制作するのですが、外側となりますFXのサイズが

小さく、テールレンズを止める為の内側仕切り板も残したままとしましたので、

難易度的には以前制作しました物よりも若干高かったです。

 

 

これらZ400GPのテールカウルをベースとして製作する場合には、単に二つの

カウルを被せるだけの単純な方法では作れませんので、特に中央より前部分などは

Z400GPのラインに合わせてABS板から切り出し、新たに作らなければなり

ません。

 

 

仕上げとしましては、ご希望でございましたら両サイドにありましたバー取り付け

穴や上部にもキー用穴を開けさせて頂きます。

今回は、最後に表面にウレタンプラサフを吹かせて頂くところまでを当店で受け

させて頂きました。

 

 

 

 

 

FRP製ガソリンタンクのガス漏れ補修。

古い外車などに見られますFRP製ガソリンタンクですが、製造から年月が経って

いる関係も有り、タンク自体の劣化などが原因によるガス漏れを起こしている

車両が多々ございます。

 

 

今回作業をさせて頂きましたFRP製タンクも複数個所からのガス漏れが確認され

ましたので、対策としまして外側だけでなく内側からも補修をさせて頂きました。

 

 

これらFRP製タンクのガス漏れ修正ですが、以前に漏れ箇所があまりに多すぎて

当店では修正不能と判断させて頂きましたケースもございましたので、漏れが見られる

ようでしたら早めの対策をお考え頂いた方が良いかと思われます。