カウル類のメッシュ加工。

カウルのワンポインとしまして、エンジン熱などを逃がす為のメッシュ加工も

承っております。

 

 

画像は参考例ですが、当店カウルのご注文時や既にお使いになられている他社様の

FRP製品、純正ABSカウルにもご対応させて頂きます。

 

 

形状や大きさ等は、オーナー様のご要望をお聞きした上で加工をさせて頂きますが、

場所によっては加工が出来ない場合もございますので、改めてご相談を頂けましたら

幸いです。

 

加工費用ですが、形状や大きさにより変わってしまいますが、一か所¥1000~2000の

範囲内で可能ではないかと思います。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

ホンダ ゼルビス250のフルカウル化!

ゼルビス250のオーナー様より、この車両をフルカウル化する為のアンダーカウル

制作を承りました。

 

 

 

カウルの取り付け方法ですが、アンダーカウルの下側は車体に元々ありましたステー

を使用出来るように致しましたが、上側にはCB400SBのように外からカウルを取り

付けるようには作られておりませんでしたので、本来はボルトオンで装着が可能と

なるように作りたかったのですが、今回はアッパーカウルの両サイドにブランドナット

を埋め込み固定、前部分も小さなボルトで留められるよう小加工を施しました。

 

上記のように純正カウルに穴あけ加工を施さずに取り付ける方法としましては、強力な

両面 テープなどを使用して、アッパーカウルに貼り付ける方法もあるかとは思いますが、

走行中の安全とメンテナンス性を考えますと、最低でも片面一か所はボルト止めが良い

かと思われます。

 

当店では、ハーフカウルで走られる時の見栄えを考慮しまして、純正カウル側には

ブラインドナットを埋め込み共締めする方法を取りました。

 

 

基本的にはワンオフでの制作の為、量産は考えてはおりませんでしたが、オーナー様の

ご了解もあり、レギュラー販売ではありませんが多少量産をさせて頂ける事になりました。

 

又、画像のカウルはパープルのウレタン塗装を施しておりますが、お作りする場合には

黒ゲルコート仕様にての販売となりますので、塗装をご希望の場合には、ご注文時に

お申し付け頂け下さい。

 

宜しくお願い致します。

 

 

カワサキ ZXR400用FRP製2次カバー。

サーキット走行をされているお客様からのご依頼による、エンジン左側に装着する

2次カバーを制作致しました。

 

 

カウルから出ているエンジン部分に被せるタイプを当初考えてみたのですが、

今回はカウル自体に取り付ける方がメンテナンス的にも楽かと思い、カウルに

直接取り付けるタイプで制作を致しました。

 

 

この後、旧レギュレーション対応のカウルの為、下側がバット構造にはなって

おりませんでしたので、アンダーバット部分を新たに製作して取り付けます。

 

これらの加工は、他車種にも対応が可能ですので、走行する上でお困りの方が

おられましたら、一度当店にご相談を頂けましたら幸いです。

宜しくお願い致します。

 

 

カワサキZ400GP純正テールのZ1R化。

過去にZ400GPテールカウルの750GP化への加工は多く承っておりましたが、

今回はZ1R化への加工を承りました。

 

 

双方のカウル共に純正品(ABS製)をご用意頂きましたが、今回はZ1Rの

内側にあるテールレンズ取り付け用の仕切り板を残したままでの作業でした

ので、後ろ部分の寸法は変えず、前部分の足らない箇所を新たにABS板にて

追加制作致しました。

 

 

 

 

最後にZ400GPに元々開いておりました穴を5か所を開け、仕上げにプラサフを

吹くところまで当店にて作業をさせて頂きました。

 

 

ご当地ヒーローのグローブ作り!

葛飾区のご当地ヒーロー!ゼロングさんの新しいグローブを制作致しました!

 

 

ベースは、バイク用品を販売されておりますリード工業さんのメッシュグローブを

使用しております。

 

 

表面プロテクター部分の材質はサンペルカと合皮を使い、本体がせっかくの

メッシュ仕様なので、エアーの逃げ口なども工夫してアクション時の熱対策?も

考えてあります。

 

 

ちなみに、第3のゼロング”ガンマ”用の色違いも・・・・

 

 

これで少しはパワーアップしてもらえれば・・・幸いです!(笑)

 

更に雑誌「散歩の達人」9月号に、”葛飾ローカル有名人列伝”として取材も!