作業日誌

FRP製ご当地ヒーローマスクの改良版。

ご当地ヒーローさんがショーで使用するFRP製マスクなのですが、初期型?から

幾つかの変更を施した改良版がこちらです。

 

 

まず、激しいショーの最中に起きてしまう酸欠状態に対応する為、各部に隙間を

大きく取って少しでも空気が入るよう加工を施し、頭上部分にはバイク用ヘルメ

ットの開閉式エアーダクトを流用、シールド部分の裏側には新たにアルミ製のメ

ッシュネットを張って視界が以前よりも確保出来るよう工夫致しました。

 

 

又初期型では中央部分から割れる2分割仕様でしたが、改良版では一体式として

割れないように作り替えてみました。

 

どちらの方法が良いのかは現時点では分かりませんが、今後の使われ方次第では

もう一度2分割仕様に戻るかもしれませんので、どのタイプが使いやすいかは

今後の検証となりますね。

 

 

スズキGSX-R600 ノーマルマフラー対応アンダーカウルトレイ。

サーキット走行などをされる場合、オイル漏れに対応する為のアンダートレイの

装着が必要となる場合があります。

 

FRP製のレース用カウルに交換されている方々は問題ないかと思われますが、

純正カウルでスポーツ走行をされる方で、マフラーもノーマルという場合、

既に各メーカーさんから販売をされているトレイでは装着が出来ないケースも

多々あるかと思います。

 

これは以前に制作させて頂きました例ですが、GSX-R600に乗られているお客様で

ノーマルマフラー対応のアンダートレイが無い為、大変お困りになられているとの

ご相談を頂きました。

 

その対策と致しまして、本来はアンダーカウルの形状に合わせたワンオフ物となる

のですが、ご予算の関係もあり、当店で販売をしておりますCBR600RR用トレイを

流用してGSX-Rに合うようお作り致しました。

 

 

 

実際の装着には各部の形状だけでなく全長の異なっておりましたので、後方部分は

10cm強程度の延長とマフラー下側の形状に合わせて新たに作り直しました。

 

 

又自走でサーキット走行に行かれているお客様でしたので、サイドスタンドも

使用が出来るようカットラインなども調整しております。

 

今回の事例は、費用を比較的安価とする為に他車種用を流用加工致しましたが、

この方法で対応可能な車種も他に有るかと思われますので、アンダートレイで

お困りに方がおられましたら一度当店にご相談を頂けまいたら幸いです。

 

 

 

 

カウルミラー取り外し後のFRP製キャンセルカバー。

カウルに取り付けられていたミラーを、別位置に移動した際に取り付け跡の上に

装着して跡を綺麗に見せる為のFRP製ミラーキャンセルカバーを制作致しました。

 

 

 

既に市販されている物も多数有るかと思いますが、車種によっては適合しない

物もあり、市販品では形が好みでない場合などにはカウルの形状に合わせた物を

お作り出来るかと思いますので、ご希望などがございましたら一度お問い合わせ

を頂けましましたら幸いです。

 

 

CB400SBフルカウル用アンダーカウル 後期型への装着例。

CB400SBフルカウル用アンダーカウルは、基本的には前期型用として制作を

されておりましたが、後期型にも装着出来るようカウルとの接合面部分を新規

に作り装着した事例もございました。

 

 

当初もう少し簡単に取り付けられるかと考えていたのですが、後期型とはサイド

部分の形状が前期とはかなり異なり、最終的にはアンダーカウルの上部をカット

して、後期用として新規に制作した部分とを連結する事で形になりました。

 

今後機会がございましたら、前期と後期を分けた2種類の新規アンダーカウルなど

も制作してみたいと思っておりますが、当店では現車を有しておりませんので、

前回と同様に車両お持ち込みによるワンオフ制作のご依頼からお客様とのご相談

により量産~販売の流れになれれば幸いと考えております。

 

追加となりますが、最近後期型用アンダーカウルの販売に関するお問い合わせを

度々頂くのですが、後期型用として当店で加工により装着されました車両は、上記

車両1台のみとなり、過去に販売用としての量産なども行ってはおりません。

 

上記以外に後期型へ装着されている車両に関しましては、お求め頂きましたお客様

自らが何らかの加工又は単にアッパーとの干渉箇所をカットされて装着された物と

考えられますので、アッパーと接せる面なども含め各部形状や取り付け方法なども

異なる物となっているかと思われます。

 

 

カワサキ GPZ400R用社外カウルのライト取り付け部追加加工。

メーカーさんは分かりませんが、GPZ400R用として販売をされていたFRP製の

アッパーカウルの追加加工を施して、ライトをニ灯にする作業を承りました。

 

 

元々は耐久仕様のカウルのだったので片目一灯でしたが、車検対応用として

二灯にしなければならない為、埋まっている片側にお持ち込み頂きました

同じ大きさのライトが入るように、取り付け部を新規に作成致しました。

 

 

上記加工のように、当店製品以外のカウルも追加加工などを行わせて頂きます

ので、何なりとご相談を頂けましたら幸いです。